フィルムスキャナーを使ったネガフィルムのデジタル化と、カメラ屋さんのデジタル化サービスを試してみた結果を実例を交えて紹介

ネガフィルムをフィルムスキャナーでデジタル化してみた

その他

基本的な用語(画像解像度、画素数)

投稿日:

フィルムスキャナーの仕様や性能を比べる時などに必要になってくる基本的な用語だけは覚えておきたいものです。

解像度
画像解像度とは、1インチあたりのピクセル数です。ピクセルとは、画面の最小単位で、ドット(点)のようなものをイメージしてください。一般的なパソコンの画面の解像度は、72dpi(dpi=ドット・パー・インチ)で1インチあたりに72個のピクセルという密度で構成されています。また特に解像度を高めた液晶ディスプレイには400dpiを超えるものもあります。

紙にプリントアウトする場合は、最低でも250~300dpi程度必要です。パソコン画面はある程度点が荒くても情報が見えますが、紙に印刷する場合は、点が細かくないときれいに見えません。つまり1インチあたりの点が多いほどきれいに見えるので、画像解像度が大きいほど高画質だといえます。

画素数
画素数は情報(ピクセル:Pixel)の数を表しています。大きくプリントするには画素数が大きいほど有利ですが、L判(サービス判)を印刷するなら200万画素あれば充分です。

写真のサービスサイズ(A6サイズ)の場合、ほぼ6×4インチの大きさです。

解像度が300dpiだとすると、
縦:4インチ × 300px = 1,200px
横:6インチ × 300px = 1,800px
縦×横=1,200px × 1,800px = 2160,000px = 216万画素

画素数も大きくなれば、よりきめ細やかな画像品質になります。しかし、写真の画質は画素数だけで決まるのではなく,カメラのレンズや露出機構,映像回路などに大きく左右されます。

画像形式
JPEG、静止画像データの圧縮方式の一つ

-その他

Copyright© ネガフィルムをフィルムスキャナーでデジタル化してみた , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.