フィルムスキャナーを使ったネガフィルムのデジタル化と、カメラ屋さんのデジタル化サービスを試してみた結果を実例を交えて紹介

ネガフィルムをフィルムスキャナーでデジタル化してみた

プロフィール

大阪に住む昭和33年生まれのおじさんです。

学生時代から「写ルンです」のような使い捨てカメラばかり使ってきました。特にカメラにも興味がなく、デジタルカメラ時代になって初めて買った安いデジカメをつい最近まで使っていました。そんなわけで「露出」や「シャッタースピード」などの訳のわからないボタンが付いたカメラは自分には無用の長物です。

3人の子どもたちの運動会やイベントなどの写真や家族で行った旅行の写真もすべて「写ルンです」と安物のデジカメで残してきました。ピンボケや逆光写真も多く、画質についてもこだわらない人間ですが、枚数だけは多く、家族のイベントごとにはその都度写真に残してきました。

デジタルカメラになってからは、ピンボケを気にせずに、生まれたばかりの孫の写真をバンバン撮るようになってきました。そうなると35mmフィルムの時代とは比較にならないほど、多くの写真がデジタル画像としてたまってきました。非常に枚数が多いので、管理保存しやすいようにフォルダを分けて整理するようになり、サーバと外付HDDにバックアップを取るようにしました。

デジタル写真はこのように整理や保存が簡単にできて、ビューアーなどで一覧が可能になり、クラウドで保存することでスマホやタブレットからどこに居ても写真を見ることができるようになりました。しかし昔撮りためた写真やネガフィルムは、デジカメで撮った写真とは違い、アルバムにしてタンスにしまい込んでる状態です。写真を見るのに重いアルバムを引っ張り出して、わざわざ見ることもなく、よほど必要がないかぎり何年もしまいこんだままです。

子供たちの結婚式で必要になった写真を探すときや大掃除の時、たまに見る昔の写真はとてもなつかしく、何冊も見入ってしまいます。
せっかく撮った写真なので、これもデジカメ写真と同じように、スマホやタブレットがいつでも簡単に見られればいいなぁという思いで、ネガフィルムのデジタル化に挑戦しました。

投稿日:

Copyright© ネガフィルムをフィルムスキャナーでデジタル化してみた , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.