フィルムスキャナーを使ったネガフィルムのデジタル化と、カメラ屋さんのデジタル化サービスを試してみた結果を実例を交えて紹介

ネガフィルムをフィルムスキャナーでデジタル化してみた

カメラ屋のデジタル化サービス

カメラのキタムラのデジタル化サービスを試してみた

投稿日:

カメラのキタムラネガフィルムをデジタル化するのに手間がかからずできるのが、大手DPE店などのネガ-デジタル化サービスです。少量のネガフィルムしかない人や、少々お金がかかっても自分でやるよりも、手間がかからず、きれいに仕上げてもらいたというい人にはうってつけのサービスですね。

DPE店の中でも全国最大店舗数をほこるカメラのキタムラのネガからCD(ネガをデジタルデータに変換してCDに保存)を試してみました。


カメラのキタムラのフィルムをCD保存サービス

カメラのキタムラは、全国に店舗数は929店舗、系列のスタジオマリオ369店舗の合計1298店舗(2012年9月現在)もあるので、近くにお店があると思います。自分は大阪なので、通勤途中の駅前や自宅近くのショッピングセンターにも店舗があって、わざわざ足を運ぶ必要がないので便利でした。

カメラのキタムラでは、ネガフィルムのデジタル化してCDに保存する他にも、「思い出レスキュー」という以下のサービスも行っています。

・ネガフィルムをCDに保存 ← 今回はこれを申し込んだ
・ビデオのダビング(VHSテープやminiDVテープをDVDへダビング(コピー))
・8ミリフィルムをDVDへ保存
・アルバム(写真)をDVDへ保存
・紙の写真をCDに保存
・メモリーカードの画像をCDへ保存
・写真の修復とCDへ保存

上記の他に、メモリーカードやUSBに入った写真などのデータが読めなくなった場合のデータ復旧も行ってくれます。

保存していたメモリーカードの写真が読み込めなくなった場合にも、データ復旧してくれるので安心で便利なサービスですね。

「ネガフィルムのCD保存サービス」が受け付けてもらえフィルムは、35ミリフィルムとAPSフィルムだけです。ブローニーフィルムやハーフサイズのフィルムや35ミリでも白黒フィルムはダメなようです。

カメラのキタムラではネガフィルムをデジタル化してCDに保存するサービスは2種類あって、価格とサービス内容は以下の通りです。

IMG_001


ネガフィルム1本からCDへ(仕上がり期間:約2週間)
150万画素相当のJPEG:価格:380円(税込)/フィルム1本
ネガフィルム1本からCDへ(仕上がり期間:即日)
200万画素相当のJPEG:価格:530円(税込)/フィルム1本
現像もしくは同時プリントで380円(税込)※現像料/プリント代は別途

試したサービスは、「即日仕上げ」を申し込みました。受付から約2時間程度で仕上がりました。本数や込み具合などにもよりますが、ネガフィルム1本-2本程度なら、1時間から半日程度でできるそうです。

今回は即日仕上げでやってもらいましたが、急ぐ必要がないなら、2週間仕上げをたのめば、1本380円なので、安上がりです。ネガフィルムも12枚撮りや24枚撮り、36枚撮りなど枚数に関係がなく、デジタル化は1本あたりの金額なので、枚数を気にせず頼めるのがいいですね。

また、CD1枚に焼くのは、5本分のネガフィルムまでOKなので、まとめて1枚のCDに焼きたい場合は、5本単位でまとめてもらえます。また、ネガフィルム1本につきCD1枚でも同じ価格なので、分けたい方は、別々にCDに焼いてもらえばOKです。

しかし、白黒フィルムやハーフサイズのフィルムは、受け付けてもらえません。
白黒フィルムは持ってないのですが、ハーフフィルムはかなりあって、昔の「写ルンです!」は、ハーフサーズをよく利用したので、それらがかなり残っています。

さて、CDへ保存してもらった写真の仕上がりは、このような感じです。

キタムラのデジタル化写真1キタムラのデジタル化写真3キタムラのデジタル化写真2

※画像をクリックすると元画像の大きさで表示します。

200万画素相当のJPEGということで、あんまり期待していませんでしたが、キズやほこりもきれいに取ってもらったのか、PCでは十分見れる仕上がりです。もともとネガフィルムが変色していたせいもあり、全体的に黄色がかった色合いです。画像の補正や色合いの調整などの加工はなにもしていない状態です。ネガフィルムをそのままの状態でデジタル化してくれるサービスなので、ネガフィルムの状態が悪ければ、そのままの状態でデジタル化されます。

ネットなどを探すと、写真の色合いや色調を補正してくれるお店もあります。そのかわり、補正する費用もかかります。

フットショップなどの画像編集ソフトを使って自分で写真を加工することができれば、簡単な操作で色合いや色調を調整して、自然な色合いの写真にすることも可能です。※以下の写真はフォトショップの自動補正機能を使って加工したものです。

画像補正後1画像補正後2PS-FH000018


少しハイキーな写真になっていますが、20年前の写真の雰囲気を残したまま黄ばんでいた写真も自然に近い色合いなりました。

フォトショップには色合いやトーンを自動で補正してくれる機能があります。専門的な知識がなくても、ちょっとした画像補正なら誰でも簡単にできるので、変色したフィルムが多い方や画像処理をしたい方は、画像加工ソフトを使えるようにしておくのもいいのではないでしょうか。

-カメラ屋のデジタル化サービス
-, , ,

Copyright© ネガフィルムをフィルムスキャナーでデジタル化してみた , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.